2018年12月27日木曜日

181227 ありがとう

31年前、金沢市の片町を歩いていると「ゆべし」と書かれた看板が目に入った。迷わずビルの5階に上り、カウンターだけの小さな店に入った。運良く空席があり常連客らしき方々の間に腰掛けた。

カウンターの中央に「丸柚餅子」と書かれた黒い箱が置いてある。そして、初めての私に、名前も聞かず親しげに話しかけてくれる。そのうち、客の会話から今日が開店の日であることに気づく。客の話が弾むなか、「ありがとうございます」と言い出せず、感謝の意を込めて41番の名前でボトルを入れて帰った開店日だった。

その次に店を訪れたときに謝意をお伝えした。「開店日に一見さんが入ってきてボトルを入れて帰るなんて思っても見なかった」「何者かと考えた」の話で盛り上がる。しかし偶然は恐ろしい。県内と言えど時間と場所の組み合わせは無限に近い。開店の日に店の前を通りかかり、たくさんある片町の看板のなかで「ゆべし」が目に入った。

店のオーナーママは輪島市の山深い地域の出身で、常に笑っていて明るく素直な方だ。一人で店を切り盛りし、どんな客にも楽しく可笑しく、帰る客は「ありがとう」の言葉を残して帰る。ママの人となりに惚れ込んだ客ばかりだったと思う。

12月に入り手紙が届いた。「12月27日でお店を閉じる」とのこと。閉店を前に店に伺い昔話をした。そして、いつもより飲みすぎた。「長い間名前を使わせていただいてありがとね」と何度も繰り返す。「ゆべし、て単語は誰が使ってもいいんだけど、私の丸柚餅子を使ってくれて、こちらこそありがとうございました」と返す。

店では31年の間、全ての客に丸柚餅子を供してくれた。しかし、業務価格の提案にも応じてくれず「店員さんの顔を見たいから、店で買います」の一点張りだった。店員さんたちもママの人柄が好きになり店に通った。

帰りがけ「時間ができるだろうから、今度、輪島でゆっくり飲みましょう」と約束して店をあとにした。

「スタンドゆべし」のママさん、心から感謝しています。

ありがとう。



2018年9月11日火曜日

180912ひゃくまんさん

石川県の観光キャラクター「ひゃくまんさん」ですが、決まったときは奇抜なデザインに賛否両論がありました。しかし、時間とともに「追っかけ」ができるほどの人気者になりました。今では何処へ行っても人気者。これを仕掛けたデザイナーやご担当のみなさまの叡智が伺えます。いつ見てもほっこりします。


2018年5月8日火曜日

180508 生業

一人ひとりの力を合わせれば新しい可能性が生まれる。
あらためて実感しました。
それを教えてくれたのは、若い方々の専門知識と前向きな心でした。
生業を続けられるまち、子どもたちが帰ってこられるまち、市民の自立を支援するまちになるよう、叡智をもってまちの経済を取り返さないといけません。



2017年12月22日金曜日

171222 政策評価

ひさしぶりとなりましたが、今回は観光について思うところを投稿します。

輪島の観光について、私はある主張を繰り返してきました。
観光客の入込人数は、行政や観光政策の成績として使えないと。
観光客の入込人数が、どれだけの経済効果につながっているか計測すべきと。

さらに、
「入込人数が増えても経済効果を感じられないのは何か問題があるのでは?」
との言葉に、
輪島市の観光課の職員(特定の職員で全ての方ではありません)は
「私たちが人を呼んでやっているのに売上があがらないのは民間の知恵が無いからだ」
という趣旨の発言をされて、民間のおまえたちに責任があると言わんばかりでした。

ここでご理解いただきたいのは、職員のみなさんを避難するような気持ちは一切無いということです。既定の試験に合格した優秀な人材が、公僕として市民のために働いてくれているとに、私は心から感謝しています。だから、自分の保身や政治屋まがいの言動で出世のためなら手段を選ばない、詭弁や自らに都合良い解釈で職権を振り回す職員は許せないのです。少なくとも、同じような発言と行動をした職員は複数名いましたが、これは真面目に市民のために働いている職員のみなさまの立場を貶める行為です。

話をもどして、政策議論のたび私は、観光客による地域への経済効果は、政策実行の結果として最も重視されるべきで、他の自治体では入込人数よりも経済効果を重視することがあたりまえとなっているのではないかと反論してきました。

そして、今年もあとわずかとなったタイミングで、寂しくも現実となった記事を目にしました。

この記事を契機に、宿泊業や観光の域を超えた地域経済政策の問題として、これまでの観光政策や政治的闘争まがいの行動をした特定の職員のあり方に間違えはなかったのか、それに乗った民間事業者の責任も含めて、客観的に全ての情報を開示して検証する必要があるのではないかと思います。


北國新聞12月22日3面掲載記事より






2017年11月21日火曜日

171121 心意気

先日、結婚披露パーティに出席させていただきました。
じつは、お祭りを愛する男女が結ばれたため、パーティもお祭り状態でした。

仲間の手づくりで会場が仕上げられ、祭り囃子や神輿の担ぎ出し、ふるさとをPRする観光コーナー、子どもたちを楽しませる縁日コーナーや夜店コーナー、そして、圧巻は手づくりキリコで「感謝」と記してありました。

ふるさとを思う気持ちと祭りを愛する気持ちでいっぱいの披露パーティーでした。そして、素晴らしい仲間たちでした。

見返りを求めることなく、手弁当で祭りを楽しむ姿勢がなんとも言えず頼もしく、すばらしい心意気を感じました。

ふるさとを離れて、なお、ふるさとを胸に抱いている方々に感銘を受け、ふるさとに住む私たちも心意気を見せねばと感化された良い時間でした。

末永くお幸せに。そして、いい仲間を大切に。ありがとうございました。



2017年10月1日日曜日

171001 行商

今日から10月の始まり。
昨日はお墓参りをして来ましたが、今日は氏神様にお朔日参り。
10月ともなると早朝の気温は低くなりコートが欲しくなります。

昨日までは出張中で海外に行っていました。
毎回、新たな出会いがあり、長いおつきあいになることも少なくありません。

もともと輪島は行商の町です。
漆器を全国に売りに回りました。
その際に他地域の情報を仕入れ訪ねる先々で披露したようです。
物知りで文化度の高い輪島の塗師屋さんは、お客様に「輪島様」とも呼ばれ玄関から座敷に通され、主人は輪島様の話を聞くことが愉しみで、様々な情報を得ていたようです。
そして、塗師屋さんは輪島にも多くの情報を持ち込みました。
その恩恵で私たちも商いをしています。
先達に感謝する心を忘れないようにしなければならないと思います。

さらに、港で水揚げされた魚は漁師町のご婦人方が売りに回りました。これも行商で、リアカーで近所を回る姿は振売りとして地域の景観に溶け込んでいます。自動車が普及するとリアカーよりも広い範囲に売り歩くようになったようです。山間に暮らす方々は海の幸を配達してくれることに感謝し、また、足りないものを買いまわってくれるよう頼むこともあり、売り手と買い手の関係を超えたほのぼのとしています。

行商が支えた町の経済と暮らし、これからも行商を通じて発展を遂げてほしいと願います。

写真はニューヨークのマンハッタン、今年もいい出会いをいただいき、思い出深い出張となりました。




2017年9月8日金曜日

170907 誕生日

54回目の誕生日を迎えました。小さい頃は50歳と聞くとすごくお年寄りに思えましたが、すでに我が身となりました。

1965年の男性の平均寿命は65歳あまりとなっていましたが、2016年には80歳あまりとなっています。約50年で寿命が15歳伸びたことになります。還暦を迎えても若々しい方が多いこも頷けます。

誕生日の夜は特産品関係のグループミーティングのあと会食、みなさんで祝っていただきました。帰宅後は母に「今日は誕生日でした。産んでくれてありがとうございました」と謝意を伝えて就寝しました。

子をもって親のありがたみを理解し、あらためて親に心を向けるようになりました。

写真は、会食のデザートです。美味しくいただきました。





Follow by Email 記事をメールで配信します!