2020年1月27日月曜日

200127 輪島塗の街

友人の店に友人と集まること17年余りになる。
店主は務めていた飲食店から独立して居酒屋を開いた。
自宅の一部を改修して店に仕上げた。
その客間の床の間にはパネルが飾ってある。
パネルに収められたのは、輪島塗の職人が使うヘラ。
店主の父は輪島塗の職人たった。
父が使っていた道具が息子の店を見守っているようだ。
輪島塗がこの街を支えてくれたことを忘れずにいたい。
そして、家族のため一所懸命働いた職人に敬意を払いたい。



写真はあじ源さんでいただいたトラふぐのフルコース(メニューにはありません)。美味しくてボリュームたっぷり、良い出汁が出て大満足でした。







0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!