2012年9月18日火曜日

120917 国政報告会


連休明け、今日も良い天気です。

昨日は近藤和也代議士の国政報告会に参加してまいりました。時節柄、総決起大会と勘違いされる方もおいでるかと思いますが、混迷する国会運営、外交領土問題、税と社会保障の一体改革など、様々な国政の状況をお聞きすることが重要だと考え、生の声で国会の現状を聞かせていただきました。

もちろん、衆議院選挙の候補者としての姿勢をお聞きすることも目的でした。

イレギュラーで「後援会の・・・・」と紹介されましたが、運営される方々も一所懸命であるとのことでご愛嬌とさせていただきました。輪島からの参加は少ないようで、飛び入り参加にも関わらず大切にしていただきました。

私は市政に名乗りを上げた当初から市民党でおりますので、国政、県政が輪島市に及ぼす政策をしっかりと見据えることが必要だと考えていますし、幅広く多様な主張を知っておく事は重要だと思っています。

当然のことではありますが、地元の北村茂男代議士の国政報告会には出席させていただき、3年間の実績と国政の報告をお聞きしたいと考えていますし、今後の国政の展望と候補者としての姿勢をお聞かせいただきたく思っております。報告会の情報をお待ちして日程を調整したいと考えています。

世論調査では政界再編を望む声が大きくなり、日本維新の会が勢いづくなか、今回の国政選挙は政党ではなく人となりで決する選挙となりそうです。

能登半島の住民と国民にとって良い国を目指す行動力と将来性を重視した選挙となることを願います。

今日もみなさまに感謝してがんばります。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!