2011年12月10日土曜日

111210 可能性

朝から大学生の課外授業を受入ました。
金沢の大学で県内に自宅のある学生さんも少なくありません。一時間余りの時間でお菓子のことや、それにまつわる輪島塗のお話しなどをさせていただきました。

先生からは、近頃の学生は伝統工芸や地域の特産品はあまり知らないので・・・。残念ですが私も感じているところなので、このような機会の重要性は非常に感じます。

ただ、知らないことから始まる可能性も若い方々にはあります。とんでもない発想だと思うことが、目新しく実用的であったりする場合があります。飛躍しすぎですが、いま大流行のフェイスブックも学生さんが開発したシステムですね。

大人は、礼儀・作法・見識、その他の様々な要素を身につけなければなりませんが、若い方々の特権である新奇性を受け入れる気風も大切なことだと感じています。

子どもたちは地域の宝、若い方々は地域の可能性です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!