2011年12月7日水曜日

111207 百年企業

今朝は経営者モーニングセミナーからスタート。
認知症の方々をお世話する施設のお話をお聞きし納得しました。
還暦過ぎた方が、いきなり20歳に戻ったようなものだと。
だから、自分より年上に見える息子やお嫁さんに「あんた誰やいね?」となるのだとか。
わかりやすいお話をお聞きしました。

午後からは新聞の取材。
百年企業の特集記事に紹介していただけるとのこと。
苦楽はありましたが、振り返ってみると今の仕事について29年。
自社では26年と、百年の歴史の4分の1に関わってきたことになります。

存亡の危機もあった、いわれのない誹謗を受け辛いことも多々あった。
それに勝るのは、お客様が喜んでいただけること、指名買いで支持していただけること。
スタッフが笑顔で仕事に取り組んでいることが、事業継続の源動力となりました。

何事も共通すること。
それは、先人と地域、周りの方々への感謝を忘れずに行動することです。

みんなが幸せになれるよう一所懸命努力します。
そんな想いを新たにしてくれる取材でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!