2011年7月5日火曜日

110705東日本

毎年あばれ祭りに来る友人が訪ねてくれました。
能登の夏祭りのオープニングは能登町からですね。

ここのところ観光のお客様が増えてきたような気がします。
朝刊には生産、消費が持ち直しているとの記事もあります。

震災直後の大変な状況から少しづつ脱却しようとしていますが、
震災にあった現地はまだまだ復旧まっただなか。

そんな折に東日本に向かう予定を組みました。
13日から2泊3日で宮城・岩手をまわってきます。
今回の目的は団体の先発調査と現地のニーズ把握です。

毎日のようにがれき撤去や生活支援活動など様々なボランティア活動に携わる方々もおいでます。
そんな悠長なことをと思う方もおいでることと思いますが、
長期化する復興支援は、様々な動きが相まって効果を示すものです。

これまで義捐金や声を届けることが精一杯でしたが、
これからは、経験を活かして現地の方々と動くことができそうです。
と思っていると、後から後から現地の方とのご縁が広がり時間が足りるか心配にもなっています。

能登半島地震では、全国の皆様に大変お世話になりました。
そのご恩をお返しするのは東日本です。
お互い様の気持ちに感謝とご恩返しの心を上乗せして行ってまいります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!