2014年3月26日水曜日

140326 観光まちづくり

昨日の午後は観光関係事業の打合せでした。

様々な施策で観光入込客の増加を図っている輪島市ですが、さらに民間を活用することにより、その経済効果や裾野が広がるようにすることが次の課題でもあります。

観光入込調査を行い発表されていますので、さらに厳密に政策効果をはかるには「観光消費額単価」「観光消費額」の調査が必要かと思われます。この調査は難しい面もありますが、観光入込だけの計測では地域経済の実態を掴むことはできませんから、ぜひ、実施すべきだと考えています。

これらの調査が観光まちづくりの基礎資料となり、指針・目標を導き行動に移すことにつながります。官民挙げて輪島の元気な将来を描きたいものです。

今朝のわいち通りは、朝市がお休みの日に実施されている地物市です。小規模ですが地道に仲良く頑張っています。ぼちぼちと出店者の方々が集まり準備が始まりました。

輪島朝市の休日にわいち通りで開催される地物市

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!