2013年9月2日月曜日

130902 自助を促す情報

今日も強い雨のスタートです。ここのところ雨による被害も多発しているので防災意識を高めておかなければなりません。

各自治体では、自主防災組織などの住民の共助システムを整備し、行政としても補助施策を整備していることは評価できます。輪島市においても、組織化を促す呼び水として各種補助金が準備されていますから、有効に使いながら防災組織の機能だけでなくコミュニティの強化にも繋げてほしいと願います。

一方で、災害時には防災無線の発信で市内で屋外放送が行われますが、これが「聞こえない」と言われて長期になります。防災無線整備直後からの声でした。これまで放置した理由はどうあれ、早期に対応することが望まれます。ホームページ等からもこれに順応するような対応や変化はみられませんので、自助を促し人命に関わる最優先の課題であると認識してほしいと思います。

情報に敏感な行政運営が求められていますが、日頃からの姿勢が大切ですから、最も肝心な防災に対応することが大切です。これこそ市長のトップダウンで至急整備をすすめてほしいと願います。

今日もみなさまに感謝してがんばります。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!