2013年1月13日日曜日

130113 暮らし

晴れに向かう空を見ながら能登空港から東京に向かっています。

能登半島の振興を進めようとすると自ずと首都圏に目がいきます。能登半島での暮らしは自然と文化に恵まれた豊かな暮らしですが、人口減少に歯止めはかかりません。しかし、それよりも深刻なのは、帰りたいけど帰れないという若者が沢山いることです。

必ずしも都会の暮らしが良いわけでなく、仕事を求めて能登を出る方々も多いと思います。先ずは能登で暮らせるようにしなければなりません。人と物の交流を促進して能登の将来を守ります。

能登半島地震のあとに、そんな思いをもって東京に行ったことを思い出しています。

明日もみなさんに感謝して頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!