2013年1月12日土曜日

130112 経済対策

今日は時折雨の一日でした。

天候の割には穏やかな日々が続き、これからの動きの準備をしています。行政が補助する事業も年度末に向け実績を検証する時期です。来年度につなげる大切な作業ですからしっかりと取り組んでほしいと思います。

事業の検証と言えば思いだす話があります。県の外郭団体が補助支援してる情報発信、地域づくり事業について担当の方から電話があり、仲間と取り組んでいる事業の詳細を聞かれました。最後の言葉が忘れられません。「そうですか。うちが補助金を出している事業よりも効果的ですね。補助金の無いところに負けんように言っときます」と最後の挨拶がわりに残された言葉です。

補助していない事業より補助している事業の効果が低いと判断したようですが、補助金は有効な事業を実施しているものに上乗せする方式の方が効果的な場合があります。「何を手伝えばより効果があがりますか?」。そんな姿勢の補助があれば、経済対策はうまく行くように思います。当初の書類の体裁で決まる補助事業のあり方も事業支援の弊害になっているものもあるかもしれません。

アベノミクス、安全安心を守る公共事業も大切ですが、地域にとっては地域の規模に見合った成長戦略が必要です。「金が回ること」を超えて「金が活きる」経済対策に期待したいと思います。

明日もみなさまに感謝してがんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!