2013年1月7日月曜日

130107 段駄羅

今日は年賀状に目を通しています。

数年お会いしていない方でも年賀状により消息を確認できるありがたい日本の風習です。一言添えてあるとより気持ちが伝わることがわかります。

年賀ハガキとともにメール便が届き、開けてみると段駄羅作品鑑賞Ⅰ&Ⅱが入っていました。挟んであったメッセージを拝見すると、数年来ハガキを交換している関西の方からでした。

段駄羅を輪島塗文化のなかで育まれた言葉遊びとし、ユーモアあふれるペンネームで著書として発刊されています。そのなかには、輪島塗とゆべしの作品もあり、丁寧な説明は、段駄羅を通じて輪島の文化を知っていただく素晴らしい内容となっています。

http://daenizumi.blogspot.jp/2012_06_01_archive.html

愉しんで輪島を応援してくださる方々に勇気をいただいた時間でした。

明日もみなさまに感謝してがんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!