2012年12月15日土曜日

121215 政党政治

今日は雨ですが暖かくなりました。

衆議院総選挙は明日が投票日。
各陣営ともに精一杯の選挙戦を戦ってきました。
最後の最後まで気を抜かず頑張ってほしいと願います。

私は政党政治が地方に及ぼしてきた関係には功罪相半ばすると感じています。
国政選挙であっても、小さな自治体では政治体制づくりの一環です。そこに洩れた住民は、逃げ場のない小さな社会で冷や飯を食べるしかない厳しい現実に見舞われます。

市会議員、町会議員など基礎自治の政治家は住民に一番近いところで活動をしています。
政党政治の端末としての役割よりも住民の意見を拾うことが大切です。生活を守ることが大切です。分け隔てなく市民の窮状を救うことが役割です。

基礎自治体の政治家のみなさまには、政党、会派などの柵を乗り越えて住民本位の政治に取り組んでいただけることを願っています。

明日もみなさまに感謝してがんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!