2012年10月23日火曜日

121023 地方都市

冬支度を始めなさいと言わんばかりの空模様です。

ここ数日は出張が重なりました。各地にうかがうたび、人口減少や経済活動の縮小を感じて残念な思いをすることも多くなります。

今回は四国に伺いましたが、徳島県の県庁所在地の徳島市でもシャッター通りが見られました。全国的に見て所得水準が低い四国ですが、あまりの惨状に目を覆いたくなるような状況でした。しかし、週末や休日のイベントなどのソフト事業の仕掛けでは定評のある徳島市です。若者や市民が参加する仕組みが残っているところに可能性を繋いでいるようです。

人と仕事は大都市部部に集中し地方都市や一次産業で生業をたてている地域は衰退をたどる一方です。この現状をしっかりと受け止めたうえで、私たちの地域を考えてみる必要があると感じます。けっして他人ごとでは無いと思います。

今が優先で先のことなど考えられない。そんな社会や地域の傾向があるなかで、あえて将来の夢や希望を語れる環境が大切だと感じた数日間でした。

今日もみなさんに感謝して頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!