2011年12月22日木曜日

111222 ネットワーク

今日は日本海倶楽部で会合と懇親会に出席しました。

能登空港の開港が決まった折、能登半島の民間事業者が集まり能登の一体的な地域づくりを推進しました。行政エリアを超え、行政のできない活動を行おうと最初の取り組みにしたのは、東京に能登の玄関口をつくろうと開業した居酒屋でした。

能登空港が開港する前に東京で能登に触れていただく機会をつくるため、能登から新鮮な魚を運び込み、定期的に能登から語り部が出向いていき、空港開港時には多くの能登ファンを呼び込むことを目的とした事業展開でした。

それから10余年が経過し、様々な取り組みをしてきました。その経験とネットワークをフルに使い、改めて能登半島の振興、地域づくりに取り組む事となりました。

来年に向け能登ネットワークの活動が盛り上がってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!