2011年12月13日火曜日

111213 SNS

今日は午後から知人が訪ねてくれました。
と言っても、ブログやツイッター、フェイスブックなどで知り合った方です。
リアルな知人よりも日頃の行動を知っていて初めてお会いした感じがしないのが不思議です。

じつは、フェイスブックなどのSNSは交流環境を拡大することが解っています。オンライン上で友達の友達は友達といったようなことが可能になるので、これまで時間のかかったネットワークづくりも効率よくできるようになりました。個々の責任でプロフィールなども公開できるものが主流となり、信頼性も高まってきているようです。

ですから、現実にお会いすることにつながったり、ビジネスに発展したりなど、様々な効果が表れてきています。マナーや利用方法について全く問題がないとは言えませんが、リスクを差し引いても大きなプラスが残るシステムだと感じています。

ツイッターをはじめフェイスブックを利用する経済団体や自治体も増えているようで、その広がりは勢いを増すと思われます。地方ほど、安価なオンラインでの情報発信を活用する効果は高いと言えます。

SNS(social network service)
時代に乗り遅れないように、時代の技をうまく活かせるようにしてまいります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!