2011年10月1日土曜日

111001東北応援シンポジウム

10月初日は青空と肌寒さが共存する天候となりました。
晴れやかでクールなひと月になりそうです。

さて、9月28日に加賀屋さんで開催された東日本応援シンポジウムに参加してまいりました。

義捐金を除き具体的な支援活動は8月から始めた中浦ですが、これまでに東北へ3回足を運び、初回は現地調査として東北各地を回りました。その折、現地の状況をレクチャーをしていただいた方が、 株式会社東北地域環境研究室代表の志賀秀一さんでした。



その志賀さんがパネルディスカッションのコーディネータをされることもあり、御礼を述べるとともに勉強をさせていただきました。

JTBの田川博己社長の講演は、エコツーリズムをわかりやすく説明いただき、これまでになく観光という漠然としたイメージを具体化して想像できる内容でした。



パネルディスカッションでは、加賀屋の小田会長、田川社長に、南三陸ホテル観洋の女将、阿部憲子さんが加わりそれぞれお話をいただきました。

阿部さんのお話からは様々な震災当日からこれまでのご苦労が伺い取れるもので、被災地の現状を知っている私も、涙を抑えられませんでした。



私たちの国の姿や地方と中央の関係や役割、国民の責任と義務、そして何より人の尊さを教えてくれたシンポジウムでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!