2011年8月21日日曜日

110821輪島大祭

お盆を過ぎて暑い夏の日差しも和らいできたようですね。夏は暑く、冬は寒く、里山里海のなかで育まれてきた私たちの生活も仕事も地球温暖化などの環境変化があると少しづつ少しづつ変わってくるようです。

これから稲刈りのシーズンに向けて適度な雨と台風が避けてくれれば言うことなしです。そのために、夏の能登は各地で神様への祈りとまれびとをもてなすキリコ祭りが行われます。

輪島の大祭は、22日に始まり25日まで続きます。また、輪島地区以外のお祭りは、9月を過ぎ秋本番まで続きます。お盆には里帰りせず、祭に帰るというのが他地域で仕事をしている若者たちの行動でした。今も続いているとは思いますが、年々、どこのキリコも担ぎ手不足、若い人の力が足りませんね。

人出が少ないから参加しないという負のスパイラルにならないように、地元の人もまれびとも一緒になって祭を楽しむ。運営から関わっていただく器量をもった地域が賑わっているように思います。

私の提唱する交友市民は、輪島市以外にお住まいの方々で、輪島のために一肌脱ごう、好きな輪島だからお手伝いしよう、仕事で行き来しているから元気な町になってほしい、もちろん輪島出身で故郷のために尽くしたい、そんな思いを持っていただいている方々の輪を広げていくことです。

そんな交流市民のプラットホームが輪島市交流市民役場です。フェイスブックを始めましたので、登録されている方は検索してみてくださいね。

それでは、これからも皆様に感謝しながら元気な笑顔で頑張ってまいります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!