2011年5月8日日曜日

110508女性の力

今朝はのんびりして会合に出席しました。女性が半数を占める会なので華やか、と言うか賑々しい時間でした。具体的な目標を掲げると女性の動きは頼りになると感じる場面も多い会合でした。

まちづくりに必要な人を例えるときに「若者・よそ者・バカ者」と言われます。
若いエネルギーと発想に加え行動力
客観的視点と地の利を見通す力
我が事を後回しにして一所懸命になる情熱、
これらの力が揃えば、あるいは秀でていればまちは変わると言われてきました。

私が商店街の代表を務めお世話をさせていただいた頃には、まちづくりにはもう一つ必要な事があるとお伝えしていました。それは「若者・よそ者・バカ者」にも増して「女性の力」が大切だと思っていたのです。女性の感性やきめ細かい心づかいが、まちづくり活動に噛み合うと怖いものなしだと思います。ですから「女性の力」が大切だと言ってきました。

様々な活動に女性の力を活かすことが日本の社会の課題でもあるようですね。国は「男女共同参画社会基本法」などの法律に基づき様々な施策に取り組んでいますが、できることを楽しみながら身近なことから一緒に行うことが肝心だと思います。

みなさんの地域はどうでしょうか。女性の元気な地域は魅力がありますよね。

朝からそんな感想を抱いた会合でした。

それでは、今日はこのへんで。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email 記事をメールで配信します!